クレジットカードの使い方が難しいと思う人に

クレジットカードは非常に便利なものですが、クレジットカードをいくら利用したかを把握するには、金額を家計簿や手帳などに記載しておくことをおすすめします。
その際、どこの時点で計上すべきでしょうか。クレジットカードを使ったときなのか、引き落としの段階か。もうおわかりだと思います。使ったときに計上してください。
したがって、欲しいものがあるけれどお金がないからクレジットカードで買おう、というのはやはり御法度。やりくりのためにカードを使う人はまだまだ多いのですが、こうした生活からは1日も早く抜け出すべきなのです。
支払いの仕方が現金かクレジットカードかというだけで、お金を使って買い物をしたことに変わりはなんらありません。大切なのは、その月の生活費がどうなっているのかを、自分なりに見えるようにしておくこと。これをぜひ忘れないでください。
このようなクレジットカードの使い方が難しいと思う人には、デビットカードをおすすめしています。日本では普及は十分とはいえませんが、アメリカでは日常の支払いをカードでするといえば、おおむねデビットカードのことを指します。カード払いですが、支払いは自分の銀行口座からの即時払い。口座に持っている金額分しか使えないので、使い過ぎることがありません。
最近では日本でもVisaデビットカードの普及が広まりつつあり、今年中には大手銀行も取り扱いを始めるという話もあります。クレジットカードが苦手という人は、このカードに切り替えてみてもいいでしょうし、クレジットカードを上手に使えるようになる練習として、しばらくVisaカードを使ってみる、という手も有効です。

防犯面に強いクレジットカード

私はおっちょこちょいと良く言われる性格です。例えば物を忘れてしまったり、落としてしまったりなどが結構あります。ですから普段から財布や時計等に関しては、気を付けているつもりです。特に財布に関しては、これまで2回落としたことがります。一応戻っては来たのですが、入れておいたお金はありませんでした。

2回落とした内の1回は、5万円くらい財布に入っていたため、ダメージが大きいです。それでもこのような辛い経験から、変わったことがあります。それはクレジットカードを持つようになったことです。その理由としては、まず現金を持ち歩く必要が無いからです。

現在多くのお店でクレジットカードを使用することが可能となっています。ですからクレジットカードを持っていれば、支払うことはできるので、財布に多くのお金を入れておく必要はほとんどありません。これは私のようにおっちょこちょいの性格には良い選択だと考えています。

またクレジットカードは、万が一落としてしまった場合であっても、カード会社に連絡をすることによって使用停止とすることが可能なため、拾った方に不正に利用されるという恐れはありません。このように防犯面に強いクレジットカードには、今後もお世話になりたいと思います。

クレジットカードで決済をするようになりました。

私は買い物が好きな20代のOLです。日用品はもちろん、書籍や洋服、靴、バッグなど、様々な物を買い物を行いますが、実際に自分の目で見て買うこともありますが、一度ネットで買い物をした際に、商品の数や種類がとにかく多かったのが気に入りまして、今ではネットでの買い物が多くなっています。

ネットでの買い物における決済の手段は、利用を始めたばかりの頃は代引きばかりでした。これは店舗に足を運んだ時と同じようにお金を支払う感覚だったので、抵抗はなかったです。しかし代引きというのは、手数料が掛かることになります。ですから次第にこれがとても勿体無いと感じるようになりました。

ですからクレジットカードで決済をするようになりました。実はクレジットカードには、使いすぎてしまうという不安を抱いていました。しかしこれに関しては申し込みの際に限度額を低くしておくことで防ぐことが可能です。ですから使いすぎるという心配は無くなりました。

またクレジットカードがあると財布や買い物がとてもスマートになります。何故ならお金は必要最低限持っていれば良いので、財布は軽いですし、分厚くなって見栄えが悪くなることはありません。また支払いの時は、クレジットカードだけで良いので効率的です。