キャッシング」カテゴリーアーカイブ

借金グセ

借金グセというものは治らないんでしょうね。離婚した夫がそうでした。今から思うと結婚前から、その兆しはあったんですよね。それが恋は盲目というか、なんというか。結婚が決まった時にも一銭の貯金もなかった彼。結婚の費用はほぼ私が出して、足りない分は彼の親が払いました。結婚してまもなくクレジットカードのキャッシングでの借金が始まり。返済しても返済してもすぐにクレジットカードのキャッシングでお金を借りてしまう。返済にどうしても困ったら親に泣きついて全額返済をしてもらう。そんな事が続きました。子供でも出来れば少しは変わるかな?と思ったのですが、全く変わることなく、むしろエスカレート。クレジットカードのキャッシングでは足りなくなったのか、カードローンでお金を借りるようになって。その返済も困ったら親に泣きつく。そうこうしているうちに彼の両親から同居の申し入れが。借金を返済してもらっているので断りにくく、ズルズルと同居に持ち込まれてしまいました。その後も彼の借金グセがなくなるわけでもなく。そして、私と義母の間が壊滅的な状態になり、結局は離婚ということになってしまいました。彼の借金グセさえなければ、こんな事にならなかったのに・・・と思っても仕方がないことなのですが、とても残念に思います。

返済の計画を立ててから

クレジットカードのキャッシングや金融機関のカードローンでのお金の借り入れは簡単にできて少額を借りるにはとても便利です。
給料日までちょっとだけお金が足りないのに飲み会の予定が!結婚式が重なってしまった!などの理由でちょっとだけお金が欲しいときってありますよね。
そんな時に数万円を簡単に借り入れ出来るクレジットカードのキャッシングやカードローンは本当に助かります。
でも借りる時には数万円でも、それが毎月のように借り入れをしてしまったら・・・返済はリボ払いで1万円づつなのに、借りるのは5万円ずつ・・・
明らかに借金の方が増えていくのは分かることだと思います。
が、しかし、借りる方と返す方を別々に考えてしまうのが人間の性なんでしょうか・・・
気がついたらキャッシングでかなりの借金を作ってしまった!カードローンの返済が滞ってしまった!返しても返しても借金が減らない!そんな人は多いのではないでしょうか?
借入額が多くなるほど利息はどんどんと増えます。しかも借金を返済しているように見えて、実は利息ばかりを払っていて、元金が全く減らない!ということにもなってしまうんです。
しかし、そうなったてしまうのも悪いのは金融機関ではなく、借り入れをした自分なんです。
ご利用は計画的にと言ってくれているので、返済の計画を立ててから借り入れはしましょう。

お金を借りているとき

お金を借りているとき一番注意をしなければならないのは返済の遅延です。
自分は遅延するつもりはなくても、口座にお金が入っていなかった!
クレジットカードでのキャッシングだと口座振替の場合が多いので
このようなミスが起こる可能性があります。
一度くらいではいわゆる「事故」扱いにはならないかもしれませんが、
それでも一度でも事故扱いになってしまい、いわゆるブラックリストに載る可能性があります。
実際にはブラックリストなどというものは存在しません。金融機関の信用会社にこの「事故」が連絡されるとあらゆる金融機関に「事故者である」という
情報が流れるということです。これはプライバシーとか個人情報などの保護の
対象外なんですね。だって5万円借りたお金を返していないという情報は保護する必要はありませんよね。
一度この事故者扱いになると最低でも5年は金融機関の間ではお金は借りられませんし、クレジットカードも作れません。最低といったのは実際には
5年たってもクレジットカードやフリーローンの審査が通らないことがよくあるようです。
審査の通らない人にお金を貸してくれる金融機関もありますが、金利はもちろん
他の金融機関に比べるとかなり高くなります。
このようなことにならないようにお金を借りるときは責任をもって返済をしましょう。