お金を借りているとき

お金を借りているとき一番注意をしなければならないのは返済の遅延です。
自分は遅延するつもりはなくても、口座にお金が入っていなかった!
クレジットカードでのキャッシングだと口座振替の場合が多いので
このようなミスが起こる可能性があります。
一度くらいではいわゆる「事故」扱いにはならないかもしれませんが、
それでも一度でも事故扱いになってしまい、いわゆるブラックリストに載る可能性があります。
実際にはブラックリストなどというものは存在しません。金融機関の信用会社にこの「事故」が連絡されるとあらゆる金融機関に「事故者である」という
情報が流れるということです。これはプライバシーとか個人情報などの保護の
対象外なんですね。だって5万円借りたお金を返していないという情報は保護する必要はありませんよね。
一度この事故者扱いになると最低でも5年は金融機関の間ではお金は借りられませんし、クレジットカードも作れません。最低といったのは実際には
5年たってもクレジットカードやフリーローンの審査が通らないことがよくあるようです。
審査の通らない人にお金を貸してくれる金融機関もありますが、金利はもちろん
他の金融機関に比べるとかなり高くなります。
このようなことにならないようにお金を借りるときは責任をもって返済をしましょう。